Koedoしゃちょーのおさんぽ

趣味の散歩や鉄道のこと、ふらっと思いついたことを徒然なるままに語ります。

買い物6 マウスを変えると肩こりは解消されるのかな? ELECOM EX-G

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

最近はパソコンに一日中向かっている時間が長く、肩こりに悩まされているKoedoです。

 

肩こりにはいろいろと原因があると思いますが、マウスを交換すると改善されるかが、とても気になっておりました。今回はマウスを交換してみましたのでご紹介してみたいと思います。

 

ELECOM EX-G

 

購入したマウスはELECOMの「EX-G」というシリーズのマウスです。量販店などでよく見かけますね。サイズがSMLと3種類ありますが、わたしはMサイズを購入しました。

 

 

PCとの接続方法は「Bluetooth接続」「USB接続ワイヤレスタイプ」「USB接続 有線」となっています。今回はコードが無いほうが良いので「Bluetooth」接続の物を購入しています。

 

 肩こりが改善した!

 

実は購入して1カ月程度たっているのですが、肩こりはどうなったのでしょうか。

 

これは明らかに良くなりました。もちろん完全には治っていないのですが、相当楽になっています。マウスを変える直前は腕があげられない位ひどかったのですが、バンザイができるようになりました。

 

体感上もマウスを変える前に比べると辛さが半分になった感じです。

 

このマウスを購入する前に、店舗に訪れていろいろなマウスを見てみました。量販店のマウスコーナーってお試し用の見本品がいっぱい置いてありますよね。その中でなるべく多くのマウスを握ってみて、一番手になじむものにしようと今回は考えました。

 

今回の購入にあたっては、特に下記の3点を重視しました。

 

  • マウス本体に手を載せたときに、手指に無理な力が入らず自然にマウスを握る事ができる
  • 左右ボタンの位置にも自然と指が当たる 
  • 左右ボタンが重すぎない

 

その結果、いろいろ触ってみた中でこのELECOM「EX-G」が一番わたしの手にフィットしました。今回考えた3つの条件はクリアしています。

 

 

マウスのサイズについては3サイズの中で一番フィットしたのはMサイズでした。Lでもいいかなと思ったのですが、Lだと腕の付け根のところが少し浮いてしまう感じがあって若干違和感がありました。

 

ボタンの位置もばっちり決まります。ボタンの操作感も軽いです。あ、軽いとはいえクリックした感じが無い訳ではありませんよ。クリック感はしっかりあります。自然な感じで軽い力でボタンが押せると言う意味です。 

 

このマウスがすべての方の手に合うかはわかりませんが、皆さんも「今使っているマウス、なんか違和感があるなぁ」と思ったら、一度マウスを変えてみても良いかもしれません。

 

その際いろいろ触れて試してみて、ご自身に一番合うマウスを探してみてくださいね。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

鉄道模型6 KATO HOゲージ スハフ42

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

先日、天賞堂のスハ45をご紹介させていただきました。今日は43系客車つながりでスハフ42をご紹介したいと思います。

 

これはいつ買ったか、もう失念してしまったのですが、おそらく新製品で発売された時に購入したと思います。なお、近々に改装型が再発売されるようです。

 

KATO スハフ42

このKATOのスハフ42は近代化改装前の車両となります。扉がプレスドアではなく、窓もアルミサッシにはなっていません。写真をいろいろな方向から撮ってみましたのでご覧になってください。

f:id:coedowalk:20210120163401j:plain

サイドビュー

f:id:coedowalk:20210120163430j:plain

サイドビュー反対側です

f:id:coedowalk:20210120163804j:plain

車端部(車掌室側)

f:id:coedowalk:20210120163839j:plain

車端部(トイレ側)

f:id:coedowalk:20210120163708j:plain

屋根

f:id:coedowalk:20210120163730j:plain

床下

f:id:coedowalk:20210120163907j:plain

台車アップです

かなり前の商品となりますが、KATOらしいバランスの良い製品だと思います。床下機器は配管等は一体成型ですが、水タンクや蓄電池箱などは別パーツです。

 

今回は台車をアップしてみましたが、ディテールが細かくていいです。車輪も集電可能なスポーク車輪が取り付けられています。省かれているパーツもあるようですがレールに置いてしまうとわかりません。この辺りKATOは表現が上手ですよね。

 

天賞堂 スハ45と並べてみました。

f:id:coedowalk:20210120165524j:plain

天賞堂スハ45との並び。左がスハフ42です。

f:id:coedowalk:20210120165621j:plain

トイレ側です。

 

比較してみますと、写真だとわかりずらいのですが、天賞堂の方が車体色が若干濃いですね。目につくところでは幌はKATOは素材の地色そのままですので、気になる場合は塗装してしまってもいいかもしれません。

 

f:id:coedowalk:20210120170011j:plain

連結してみます

左側が天賞堂のスハ45、右側がKATOのスハフ42です。車体色の差がありますが繋いでしまうとあまり気にならないです。実際の旧型客車の編成も車体の塗装が退色して、列車全体を見るとまだらになっているのがありましたね。

 

実車について

スハフ42は同型の車掌室なしのスハ43とともに、1951年から新造された客車です。急行などの優等列車にも使用できるように作られましたが、普通列車にも幅広く利用されました。

 

また、一部は北海道に渡った車両もあるようです。北海道に渡った車両は耐寒改造は行われましたが、外観はほとんど変わらなかったとの事です。

 

わたしは大昔ですがスハ43が現役で走っているときに一度だけ乗車したことがあります。今では信じられないですが、都内にも旧型客車が夜行急行などで乗り入れていたんですよ。

 

当時は東北本線にも急行「八甲田」「津軽」などが一般形客車を利用して運行されていました。わたしが乗ったのは金曜日の定期「八甲田」ですが、当時は結構混んでいた記憶があります。上野口は新幹線が開通する前は結構な数の夜行列車が走っていたんですね。

 

当時は子供だったので新型車両に乗りたくて、スハ43に乗った時は「ぼろだなぁ~、急行なのに」と思ったものです。定期「八甲田」の運行する前後の時間に、臨時「八甲田」が走っているのですが、こちらは12系客車を使っていてうらやましく思ったものでした。

 

わたしが乗った急行「八甲田」は黒磯まではEF58が旧型客車をけん引していました。黒磯で直流から交流に切り替えるので、ここから青森まではED75がけん引します。

 

旧型客車は駅を発車して動き出すときに「ガシャ~ン」と言う、ものすごい音を立てるんですね。これは旧型客車の連結器が、今ではあたりまえの密着連結器や密着自動連結器ではなく、貨車に使われるような自動連結器を使っているからなんです。

 

発車時の音にも驚かされるんですが、動き出しの振動もすごいんですよ。列車の前の方からガシャガシャ連結器の音が聞こえてきて、自分の車両の番になると大きな音を立てて衝撃を伴いながら発車します。現代のいつ動き出したかわからないくらいスムースな新型電車からすると考えられないです。

 

しかし、意外なことに走り出してしまえば、振動も少なく乗り心地は良かったです。板バネなので特に動き出しで細かい振動はあるんですけど、大きな横揺れが少ないんです。軌道状態の良い東北本線だからと言う事もあるでしょうけど。

 

スハ43に使用されているTR47台車は以前の台車に比べ、振動が少なくなるよう設計されていたこともあるんでしょう。優等列車用の車両ですから、使われる部品類も当時では最良のものが使われていたのでしょうね。

 

昭和50年代初頭までは、上野口や新宿口に旧型客車が入っていました。あの当時は乗りたいとは思わなかった旧型客車ですが、今ならもう一度乗りたいと思いますね。もう無理ではありますが、EF58がけん引したら大注目でしょうね。

 

本当に数が少なくなってしまった旧型客車ですが、関東でも臨時運用とは言え高崎に残っています。大井川鐵道も有名ですね。機会があったら乗ってみたいと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

KATO HOゲージ スハフ42 茶 1-508 鉄道模型 客車

KATO HOゲージ スハフ42 茶 1-508 鉄道模型 客車

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

KATO HOゲージ スハフ42 ブルー 1-507 鉄道模型 客車
 

 

 

買い物5 ポータブルソーラー充電器を使ってみました

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日はとてもいい天気でした。先日購入したポータブルソーラー充電器を使うには絶好の天気です。実はもう一週間くらい使っているのですが、なかなか良いので実績をご紹介したいと思います。

 

 air-J「ポータブルソーラー充電器14W」充電開始

 

f:id:coedowalk:20210119171246j:plain

こんな感じで設置しました

ソーラーパネルを南向きで、なるべく太陽光が垂直に当たるように設置します。今日は朝の8時位から設置して、撤去したのは16時位です。

 

ソーラーパネルからの電気は2つあるUSB端子から出力されます。今日はそのうちの2.5Aの方を使用しました。

 

ソーラーパネルからはモバイルバッテリーに充電していきます。使用したモバイルバッテリーは容量6000mAhの容量のNTT docomoの商品です。このモバイルバッテリーはかなり以前に買ったものなので機器の詳細は失念してしまいました。 

 

※写真はインジケータの状況を説明するために撮影(最初の日の状態ではありません)

f:id:coedowalk:20210119173510j:plain

ほぼ空のモバイルバッテリー

モバイルバッテリーが空になった状態から充電を開始しました。下の方の小さい点が三つ並んでいるのがインジケータです。青いLEDで点灯します。

 

一番最初の日はここからスタートです。朝から充電を初めて、夕方日が落ちる前まで続けます。

f:id:coedowalk:20210119173820j:plain

一日の充電が終わるとこんな感じに

インジケータは充電していくと左から右に進んでいきます。この日は写真には写っていませんが一番右も点滅していましたので、モバイルバッテリーの7割以上の容量が充電できたと思います。

 

スマートフォンに充電

充電が完了したモバイルバッテリーを使ってスマホを充電していきます。使うスマホはメインで使っているスマホで、機種はNTT docomo Xperia XZ3です。

 

バッテリー容量は3200mAhで充電開始時点では電池残量50%でした。これを夜中に充電していきます。因みにこのスマホは夜中以外は充電していません。

 

朝になった時点でスマホの電池容量を確認します。しっかりと100%になっていました。充電が終わった時点でのモバイルバッテリーの電池残量はインジケータ1個分でした。

 

翌日も太陽光で充電します

容量が減ったモバイルバッテリーを再度ポータブルソーラー充電器につないで充電します。時間は前日同様朝8時から夕方16時くらいまでです。

 

天気ですがこの日は少し雲が出ていました。南向きの太陽が隠れてしまうくらいです。ただ、午後はしっかりと晴れました。

 

この日も充電後のインジケータは2個分でした。3個目が点滅しているのも前日と同じですので、7割以上の容量は充電できていると思います。意外でしたが雲が出ていても充電できましたね。

 

夜中になりましたら、スマホに前日同様に充電していきます。この日も朝には電池容量100%まで回復していました。

 

1週間使ってみた結果は

上と同じパターンを1週間繰り返してみました。この1週間は雨が降らなかったため毎日充電する事ができています。多少雲が出ていた日もありましたが、スマホを使うには十分な容量が充電できます。1週間はこのスマホの為に商用電源は一切使わないで済みましたしね。

 

費用面だけ考えると、商品の購入費用で電気代をペイするには結構な時間がかかると思います。その為、お徳とはいいがたいのかもしれませんが、なんだか得をした気分にはなれました。

 

ただ、非常時は確実に役に立つので、一つ持っていても損はないと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

 

 

鉄道模型5 天賞堂 スハ45を出してみた

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日は一昨日購入した天賞堂の「スハ45」を箱から出してみました。まだ走らせてはいませんがとりあえず写真を撮ってみました。まずは箱の中身から。 

 

f:id:coedowalk:20210118192858j:plain

パッケージ

車両は発泡スチロールの緩衝材の中に保護用のビニールシートに包まれて入っています。このビニールシートは厚手です。これだけでも良いもの感があります。

 

他には説明書、車番インレタ、ケィディカプラー用のアタッチメント、ブレーキホースが 含まれています。

 

客用扉のつかみ手は取付け済です。小さいパーツなので、これはありがたいですね。ほとんどの部品が取り付け済みなので、後付けのパーツは基本的にはブレーキホースだけです。

 

車体はこんな感じです。

f:id:coedowalk:20210118193404j:plain

側面

f:id:coedowalk:20210118193435j:plain

側面(反対側)

 

f:id:coedowalk:20210118193525j:plain

屋根

 

f:id:coedowalk:20210118193635j:plain

車端部

今回、購入した車両は「スハ45」のうち、近代化改装をされた車両です。モデルは近代化改装車の特徴であるアルミサッシがきれいに再現されています。また、幌が二色に色分けされているのもいいですね。メーカーのこだわりを感じます。

 

幌の吊り具はボディと一体成型です。別パーツであればなおさらリアルだったでしょう。しかし、一体型なら破損の心配がないので、わたしはこれもアリだと思いました。

 

塗装も綺麗ですし、車体の印象把握もいいですね。スハ43系らしい重厚な雰囲気が表現されていると思います。

 

床下と連結部

f:id:coedowalk:20210118194025j:plain

床下

床下はしっかりと梁まで再現されていました。ブレーキロッドや配管等は床板と一体成型ですが、床下機器は一部別パーツとなっています。台車もディテールが細かいですね。北海道型特有のななめに取り付けられた車軸発電機もリアルに再現されています。

 

床下機器類は全てが出荷時に取り付けられていますので、箱から出してすぐに走らせることができます。

 

f:id:coedowalk:20210118194052j:plain

連結部

連結器廻りも必要にして十分な造形だと思います。ブレーキホースを取付けるとさらに引き締まることでしょう。

 

スハ45 実車について

スハ45は車掌室付きのスハフ44とともに、急行用客車スハ43、スハフ42をベースに酷寒地用の客車として昭和27年から製造され北海道内で使用されました。

 

スハ45が53両、スハフ44が27両製造されています。製造当初はぶどう色2号で塗られていました。

 

昭和39年から近代化改装が行われ、外観塗装が青15号になり、客用扉もプレス扉に変更されました。また、窓がアルミサッシに交換され良いアクセントとなっています。イメージが大きく変わりましたね。

 

車両の運用は北海道内で「ニセコ」「まりも」「大雪」「利尻」「狩勝」と言った急行列車に使用されました。14系が道内に投入されるまでは、急行列車に使用されていましたので、優秀な設計の車両だったのでしょう。

 

一部は普通列車にも運用されていました。スハ45は一般形客車にカテゴライズされていましたのでマルチな活躍でした。

 

なお、国鉄の分割民営化でJR北海道になってからは、スハ45は残念ながら継承されずに廃車になってしまいました。しかし、車掌室付きのスハフ44は5両がJR北海道に継承されています。

 

継承されたスハフ44は観光列車に使用されましたが、残念ながら現在は廃車となっています。

 

わたしはこのスハ45を含む43系客車は、バランスの良いスタイルと言う事もありますが名車だと思います。高崎や大井川鐵道に系列客車がありますので、機会があったら乗ってみたいですね。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

買い物4 ポータブルソーラー充電器を買ってみました

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日は寒いですね。昨日と比べると相当気温が下がっています。yahoo天気で見ると昨日より最高気温で10℃くらい低いようです。日中でも一けたなので暖房が欠かせないです。寒い・・・

  

今日は緊急事態宣言前に購入した、ポータブルの太陽光発電パネルをご紹介したいと思います。スマホタブレットに充電するのにちょうどよい容量の物です。量販店で8500円くらいでした。

 

 商品について

 

air-Jの「ポータブルソーラー充電器14W」 と言う製品です。パッケージはこんな感じです。

f:id:coedowalk:20210117164232j:plain

パッケージ表面

f:id:coedowalk:20210117164302j:plain

パッケージ裏面

中身を出して広げてみました。意外とでかいです。

 

f:id:coedowalk:20210117164418j:plain

箱の中身

f:id:coedowalk:20210117164448j:plain

拡げてみると長さ80cm!

 

箱に記載してある製品仕様を見てみるとこんな感じです。

 

製品仕様

  • ソーラーパネル出力:14W
  • 変換効率:19%
  • 出力:最大5V/2.1A 5V/2.5A
  • サイズ:W815×H230×D5(単位:mm)
  • 重量:約682g

 

充電用のUSB端子はTYPEーAメスが二口ありまして、出力2.1Aと2.5Aを差し込み口によって選択するようになっています。

 

USBケーブルは付属しないので充電するデバイスに合わせて、用意する必要があります。まあ、これはほとんどの方は今お使いのケーブルをそのまま使えるのではないでしょうか。


とは言えスペック上の出力が結構高いので、USBケーブルが2.5A、2.1Aに対応しているかは確認したほうが良いと思います。

 

では、早速使ってみましょう。先ずは軽くどの程度充電出来るか試してみます。

iPhone7(電池残量70%)にUSBケーブル直結して充電してみます。この時ソーラーパネルはなるべく太陽に垂直に当たるように設置します。

 

しばらく放置して2時間くらい経ってから確認してみました。

 

おぉ~、100%になっています。満充電ですね。冬で太陽の位置が低い中これだけ充電できるのなら期待ができますね。

 

このあとはモバイルバッテリーに充電して、メインスマホを家庭の商用電源を使わずに、いつまで使えるか検証してみようと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

日記6 5日ぶりにお散歩へ 久しぶりに買い物も!

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

5日ぶりにお散歩と買い物に出かけました。やはり外へ出るといいですね。気持ちが晴れ晴れします。コロナも怖いですが家にずっと籠っていると、気分がモヤモヤしてきますからね。それも体に悪いと思いますので、感染に注意して出かけます。

 

今日のお散歩は買い物ついでに出かけました。模型店に行きたかったのでさいたま市までお出かけしています。本当は電車で行きたかったのですが、念のため今日は車でのお出かけです。

 

まずは散歩道から

 

f:id:coedowalk:20210116182751j:plain

お散歩は川沿いの道路を30分くらいのんびりと歩きました。ここは歩行者専用なので安心して歩いていくことができます。ところどころにベンチがありお散歩には最適なところでした。

 

ときおり、同じようにお散歩している人とすれ違います。わたしもですがみんなマスクをして、静かに歩いているので感染の危険はほぼ無いと思います。

 

多少、雲に覆われていますが暖かくて良いお天気です。まさにお散歩日和でした。今日の気温は最高で18℃くらいまで行ったようですよ。ダウンを着なくてもOKでした。

 

お買い物

 

お散歩の後は買い物ですが、ちょうどお昼近くになりましたのでスーパーで食べ物を調達します。その中で「UCC ミルクコーヒー ロールケーキ」なるものを見つけましたので買ってみました。

 

f:id:coedowalk:20210116182808j:plain

 

あの、ロングセラーの缶コーヒー「UCC ミルクコーヒー」をロールケーキにしたものです。早速食べてみると、あの「UCC ミルクコーヒー」の味ですね。

 

極端に甘くなくまろやかな味で食べやすいです。ロールケーキの生地もしっとり柔らかいです。量は結構多いので、なかなか食べ応えがありますね。

 

お値段もお安くなっていたので、買ってみましたがこれは大満足でした。やはりミルクコーヒーはロールケーキになってもおいしいです。

 

スハ45入線!

 昨日発売された天賞堂のHOゲージ「スハ45」を購入してきました。今日のお買い物の中でメインイベントがこれです。

 

f:id:coedowalk:20210116182822j:plain

 

わたしはいい歳のおじさんですが、わたしが子供のころは今と違いHOゲージがスタンダードでした。多くのデパートの中に模型売り場があって、販売している商品はほとんどHOゲージでした。歳がわかっちゃいますが。

 

主流のメーカーとしては「カツミ」「エンドウ」「カワイ模型」「天賞堂」などでしたね。その中でも天賞堂はものすごい憧れでしたね。

 

お値段もその当時でも群を抜いて高かったのですが、精密さと格好良さは抜群でした。今でもそうですがブラス製のSLなどは垂涎の的でしたね。

 

そんな天賞堂の製品がプラスティック製とは言え入手できたのはやはりうれしいです。プラスティック製なので天賞堂としては購入しやすい価格の商品ですが、それでも非常によくできていますね。
 

f:id:coedowalk:20210116191914j:plain

とりあえず開けてみた!

今日はちょっと時間がないので、開けただけで終わってしまいました。うれしくてとりあえずは開けてみたかっただけですが。後日、いろいろな方向から写真を撮るつもりです。

 

今後、この車両には室内灯も付けてみたいですね。ただ、残念ながら室内灯はまだ入手出来ていないので、これが入手出来たら整備をしていきたいと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

日記5 巣ごもり4日目になりました

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も新型コロナウィルスの感染者数が多いですね。東京はまた2000人越えだそうです。少しは減ってくれるかと期待しているのですが、まだ減るには時間がかかりそうですね。しばらくはこの感染者数の多さも続くでしょうから、引き続き注意していきたいと思います。

 

わたしは今日で巣ごもり4日目になりました。テレワークの為、自宅の外に出なくても生活できています。週末にまとめて買い物をしておけば、平日は仕事以外は巣ごもりできそうです。

 

今はネットスーパーを利用すれば、週末の買い物も減らすことができますしね。わたしもお米やお水などの重いものを購入するときは利用しています。

 

 

 

とはいえ、ずっと家に籠っているとさすがに気が滅入ってきます。その為、週末は注意をしながら散歩に出かけたいと思っています。散歩をすると気持ちがいいですからね。人との接触の少ないルートを選んでいきましょう。

 

Koedoの明日の散歩の心得 

 

  • 人の少ない道路
  • 他の人と2メートル以上間隔をあけることができる道路
  • ひとりで散歩だから他の人との会話は無いでしょう(寂しいですね 笑)

 

また、川沿いの道かな。

 

新型コロナ第一波の時でも、ロックダウンした欧州でさえ一日に1回は散歩が許されていました。それだけ体を動かすのは重要と考えているわけですね。

 

 

買い物も行かなくてはいけないと思いますが、こちらもすいている時間を狙って行こうと思います。目で見て選びたいものや食品もあるので、こういう時はリアル店舗に行きます。

 

いまはほとんどのスーパーで入り口に消毒液を置いているので、これをまずはお借りしてお店に入ります。入った後の店内では会話は少ないので、感染の危険は少なそうです。もちろん油断は禁物なのですが。 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それでは、また!