Koedoしゃちょーのおさんぽ

趣味の散歩や鉄道のこと、ふらっと思いついたことを徒然なるままに語ります。

日記20 【新型コロナ対策】埼玉県で大型店に入場規制を要請

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

新型コロナの感染者が急増していますね。今日の感染者数は全国で7000人を超えてしまいました。最大値だった1月の数にまもなく迫ります。

 

その対応として埼玉県が大型商業施設に対して入場制限を要請するとありました。これは「まん延防止等重点措置」の延長に伴うものです。

 

いままでの「できる限りのお願い」から一歩進んだ形で、期間は5月12日から31日までです。

 

なお、要請なのでこれに応じなくても罰則はないそうですが、応じた場合は協力金の支給を行う方向だそうです。

 

 

対象は?

 

この制限の対象になるのは床面積が1千平方メートルを超えるショッピングセンターや家電量販店です。

 

スーパーマーケットなど食品を扱う店舗は対象ではないようですね(ショッピングモールに入っているスーパーはどうなるのだろう?)。

 

対象の市町村は県内すべてではなく、現在のまん防の対象になっている、さいたま、川口、川越、所沢、草加、越谷、蕨、戸田、朝霞、志木、和光、新座、富士見、ふじみ野の14市と三芳町です。

 

ただし、これ以外の市町村にある大規模施設にも「お願い」はするそうです。

 

 

制限内容

 

制限の内容は時短営業と入場制限です。気になる入場可能な人数は「繁忙期の半分程度の人数」とのことで、これは県が把握している人数ではなく、事業者として把握している人数で行うとか。

 

入場制限というと去年の3,4月のころを思い出しました。

 

買い物にホームセンターへ訪れたとき入場制限を行っていました。かなり広い店舗だったのですが一度に入れる人数は300人くらいにしていたと思います。

 

また、店からお客さんに対しては「なるべくしゃべらずに」、「なるべく短時間の買い物を」、「買い物は家族の代表者一人で」とお願いをしていました。

 

守らない人もいましたが、ほとんどの人はこれらのお願いを守っていました。日本人の勤勉性が良く出ていたと思います。

 

店舗への入場も買い物が終わった人が出てくる数に合わせて、また数人づつ入場させると言うやり方を取っていました。お店側も大変そうでしたが、頑張って対応していました。

 

ちなみにこの時の店内の状況ですが、ホントに人がいないです。もう、がらがらでした。これが長く続いたら「お店もたないんじゃないの」と思ったくらいです。

 

 

埼玉県の感染者数について

 

埼玉県はここのところ連日で300人に近い新規感染者数となっています。今年一番感染者が減った2月に比べると倍以上の数です。なお、最大値は1月の600人弱でした。

 

今回の変異株の感染力が強いことを考えると、何も対策を取らなければすぐに1月の最大値は越えてしまいそうです。

 

このような状態だと何かしらの対策を打たないと仕方ないとは思います。新型コロナは密を避けることが大事ですから、人が多く集まる施設に対策をとるのは有効かとは思います。

 

ただ、大規模店舗だからと言ってすべてが密になるわけではありません。むしろ広いから人と人との間隔がとれる場合も多いです。

 

小さい店舗で人が密集している場合もありますから、面積だけで決めるのは?です。入場制限の方法をガイドライン化して、大規模小規模問わずお願いをするってのはどうなんでしょうかね。

 

 

おわりに

 

今回の埼玉県の要請はどの程度効果を発揮するでしょうか。期間も今月いっぱいとのことなので、なおさら効果が出るのかが気になります。

 

わたしは新型コロナがまん延しだしてからは、毎日2回朝・晩欠かさずに体温を測っています。幸いなことに発熱は一度もありませんが、やっぱり検査をしていないこともあり不安なんですよね。

 

また、以前のように自由に動けないのはつらいですね。そのせいもあるのかとても疲れます(歳のせいかもしれないけれど・・・)。

 

一度、民間のPCR検査を受けてみようかなぁ。本当は一部の諸外国のように国として検査を国民全員に受けさせてくれればいいんですけどね。

 

新型コロナの抑え込みに成功している国は検査の実施率が高いですからね。日本はそうはならないんですかねぇ~ 

 

まだまだ、個人でも頑張って対処するしかないですね。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

鉄道模型43 東京メトロ10000系 GREENMAX

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

先日、KATOの東京メトロ10000系を購入しましたが、GREENMAX(以後、GMと表記)の10000系も保有していますのでこれのご紹介をしたいと思います。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

東京メトロ10000系 GREENMAX製品

 

東京メトロ10000系は大手各社から発売されていますが、GM製品は最も早く発売されたと思います。

 

地元の東武東上線を走る車両なので、発売後まもなく購入しました。

 

 

f:id:coedowalk:20210508182118j:plain

 

本来は10両編成にしたかったのですが、GM製品は価格が高いこともあり8両編成版を購入しています。

 

 

f:id:coedowalk:20210508182131j:plain

 

8両編成版は限定品です。

 

この車両が発売されたころのGM製品の動力車は、いまのコアレスモーター動力ユニットではなく、2モーター方式のものを搭載しています。なので動力ユニットが少しだけ窓から見えます。

 

 

f:id:coedowalk:20210508182144j:plain

 

パッケージの中身です。

 

初回限定版のみ「ホームドア」が添付されています。この「ホームドア」は初期に発売されたものなので未塗装状態です。私のところにはホームがないので宝のもちぐされです。。

 

 

f:id:coedowalk:20210508182156j:plain

 

全体的な印象はかなりいいです。正面と側面の行き先表示はステッカーを張るタイプです。まだ全然整備をしていなくて側面に車番のインレタを貼っただけです。

 

 

f:id:coedowalk:20210508182209j:plain

 

先頭部の印象も悪くありません。先頭部に行き先ステッカーを張るときは、前面のガラスを取り外す必要があります。

 

まだ、手つかずですがいずれやろうと思います。

 

 

 

f:id:coedowalk:20210508182222j:plain

 

GM製品とKATO製品を並べてみました。上の車両がKATO製品、下がGM製品で、2丁パンタグラフ付き中間車を比較対象としています。

 

車体の塗装についてはKATO製品のほうが全体的に色が濃いと感じます。GMのほうがあっさりとした感じです。

 

床下機器のディテールはGM製品も精密に表現されていてよく出来ていますね。なおKATO製品では表現されている車端部の床下機器はGM製品では省略されています。

 

パンタ付き車両だけで見ると屋根上の配管がGM製品は屋根と一体成型です。KATO製品は別パーツ化されているので、ここは後発のKATOに利があります。

 

現状ではKATO製品は中間車2両しかないので、編成として見たときの比較ができませんので、今後先頭車を入手したら改めて比較してみようと思います。

 

 

広告

 

 

おわりに

 

新型コロナの感染者増加がとまりません。今日は東京で1121人、大阪で1021人となり、一日の感染者数でついに東京が大阪を上回りました。

 

まあ、いつかはこうなると想像できた事ではあります。今は感染力が強い変異株が増えているということですが、基本的には昨年までと同様の防止策で良いと聞いています。

 

しかし、こんな生活が1年以上続いていますので、みんな疲れと慣れが出てきています。政府、行政は今一度どのようにしたら感染しずらいのかわかりやすく説明してほしいと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

鉄道44 埼玉高速鉄道 岩槻延伸へ一歩前進

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日のニュースを見ていたら鉄道について明るい記事がありました。

 

埼玉高速鉄道「岩槻延伸」実現に向け埼玉県とさいたま市が合意

 

現在、埼玉県さいたま市の「浦和美園」駅止まりとなっている、埼玉高速鉄道さいたまスタジアム線を、東武アーバンパークラインの「岩槻駅」まで延伸する構想があります。

 

先月、埼玉県とさいたま市で協議を行い、これがついに構想段階から計画段階へ進んだそうで、今後は開通の早期実現へ向け取り組んでいくとのことです。

 

 

広告 

 

 

埼玉高速鉄道さいたまスタジアム

 

埼玉高速鉄道さいたまスタジアム線は埼玉県、川口市東京メトロさいたま市を主要株主とする第三セクター鉄道路線です。現在の路線の大半が地下を走るため、埼玉高速鉄道は地下鉄として位置付けられています。

 

路線は東京都北区にある東京メトロ南北線赤羽岩淵駅から埼玉県川口市を経由し、さいたま市浦和美園駅にいたる、14.6kmの鉄道路線で2001年に開業しました。

 

当初は2006年の開通予定でしたが、浦和美園駅の少し先にあるさいたまスタジアム2002の開業に合わせて、この路線の開業時期が早められました。

 

電車は赤羽岩淵駅から東京メトロ南北線相互直通運転を行っているため、東京都心方面へ抜けるのにとても便利な路線となっています。

 

また南北線の終点の目黒駅からは東急電鉄目黒線と直通を行い日吉駅まで乗り入れていますので横浜方面へ行くのもとても便利です。

 

車両はオリジナルの2000系電車の6両編成で運行、3社で相互乗り入れを行っていますので、自社車両のほか東京メトロ9000系、東急電鉄3000系、5080系が乗り入れてきます。

 

 

岩槻への延伸計画

 

埼玉高速鉄道は以前から浦和美園駅から北への延伸予定(浦和美園~岩槻~蓮田)がありましたが、このほど主要株主である埼玉県とさいたま市が合意し、今までは構想だったものが計画へと昇格しました。

 

今回の計画は浦和美園駅から東武アーバンパークライン岩槻駅までの区間となっています。中間駅として「さいたまスタジアム2002」の最寄り駅をふくむ2駅を予定しているとのこと。

 

残りの岩槻駅から蓮田駅区間は採算性の問題から、現時点ではまだ構想段階です。

 

この路線の延伸構想は埼玉県内でいくつかある鉄道新規事業の中でも上位に置かれており、「必要な検討が進められることを期待する」となっています。

 

今後は埼玉県、さいたま市の協働により、沿線開発や人口増加に向けた取り組みが行われ、国や関連する鉄道事業者との協議が進められる予定です。

 

 

他社線との接続

 

現在の埼玉高速鉄道さいたまスタジアム線は、他社線との接続は乗り入れ先の南北線のほかは、東川口駅のJR武蔵野線となっています。

 

現在の運行経路だけでも地下鉄南北線東京急行目黒線を含めると接続路線が多いため、都心方向を見てみるととても便利に使える路線です。

 

自社線内についても岩槻までの延伸が行われると、東武アーバンパークラインと接続できますので、都心方面へも埼玉県を横へ横断する場合でも非常に便利になるでしょう。

 

さいたまスタジアムでの試合やイベント開催時にも鉄道の大容量輸送が役に立ちますし、さらにこの路線が岩槻まで延長がされますと、かなり行きやすくなる人は多いと思います。

 

 

おわりに

 

まだ、計画ができたからと言って開通が約束されたものではありませんが、この計画はぜひとも実現してほしいです。

 

岩槻で接続を予定している東武アーバンパークラインは運転本数も多いですから、岩槻延長をしたら乗り換えも気軽にできそうです。

 

接続する鉄道路線が増えれば利便性も上がりますから、相乗効果でなおさら利用者が増えることも想定できます。県や市とも連携して沿線価値が高められれば、おのずと人口も増えるでしょうしね。

 

いまはかなり高いといわれている埼玉高速鉄道の運賃ですが、利用客が増えれば値下げできるかもしれません。そうなるとさらに便利になりますね。

 

都心からも近く接続路線が多く利用しやすい環境にあるのですから、そのポテンシャルを生かせるような施策を打ってほしいと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

鉄道43 【内装写真あり】JR東日本 E233系1000番台 京浜東北線

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

先月となりますが買い物ついでではありましたが、埼玉県内をぐるっとひと廻りしてきました。

 

この日はいろいろな電車に乗りましたが、その中で京浜東北線のE233系1000番台にもひと区間(大宮→さいたま新都心)乗車しました。

 

日中の空いている時間に乗車しましたので、車内も少しですが撮影できましたのでご紹介します。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

 

JR東日本 E233系1000番台

 

f:id:coedowalk:20210506190249j:plain

 

京浜東北線用のE233系は古くなってきていた209系の置き換え用として、2007年に登場しました。

 

前年の登場した中央線用は0番台でしたので、そのあとの番号を使い1000番台として登場しています。

 

京浜東北線用の1000番台は83編成830両が新造されましたが、そのうち10両が事故により廃車となり、今は820両が京浜東北線根岸線で活躍しています。

 

車体がワイドボディになり乗車定員が増えましたので、209系に存在していた6扉車がなくなり、全車4扉車になっています。

 

 

f:id:coedowalk:20210506190301j:plain

 

車内は前作のE231系は全体的にグレー基調の配色でしたが、E233系は白を基調とした配色になりずいぶん明るい印象になりました。

 

扉もE231系のステンレス無塗装から化粧板が張られたタイプになり、座席の袖仕切りの形状も変更されました。

 

つり革も抗菌タイプの黒色のものになっています。これは掴みやすさを考慮したデザインになっているそうです。

 

天井の構造は首都圏の電車には多いスタイルです。中央に補助送風機(横流れファン)が付き、外側に向かって冷房の吹き出し口と車内照明器具が付きます。

 

照明は今回撮影した車両は蛍光灯でしたが、一部の編成はLEDに交換されているようです。

 

なお、扉の部分には車内照明一体型の防犯カメラが取り付けられています。こちらはLED照明です。

 

E231系に比べると車内がカラフルになり、かつ高級感が増しています。

 

 

f:id:coedowalk:20210506190320j:plain

 

扉部分です。中央線の0番台と異なりLCDがワイド型に変わりました。各扉に2基取り付けられており、向かって左側が広告等を表示、右側が停車駅などの案内用です。

 

 

f:id:coedowalk:20210506190331j:plain

 

扉間の座席は7人掛けで、2-3-2人でスタンションポールによって区切られています。このやり方は209系から始まりましたが定員通りに着席しやすくなっています。

 

座席の色は通常のシートは濃いブルーです。京浜東北線のラインカラーを意識したのでしょうか(中央線のシートはオレンジでした)。

 

 

f:id:coedowalk:20210506190343j:plain

 

車端部のシートは3人掛けです。こちらもスタンションポールによって1-2人がけに分けられています。

 

また、優先席の部分は壁の色と袖仕切りの色がほかの部分と変更されてわかりやすくなっています。つり革もこの部分はオレンジですね。

 

なお、撮影した車両はE233系1000番台の最終編成(83編成)でした。

 

E233系は車内の配色や2面のLCDの搭載など車内設備がかなり向上させ、乗客サービスの向上が図られています。

 

このあたりから私鉄を含めた他の車両もサービスレベルが向上してきたと感じます。2面LCDを搭載した列車が一気に普及したのはE233系の登場が大きいと思います。

 

この車両の功績は大きいですね。

 

 

広告 

【運転室展望】E233系京浜東北線(大宮~大船)

【運転室展望】E233系京浜東北線(大宮~大船)

  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: Prime Video
 

 

 

JR東日本京浜東北線根岸線ワンマン運転化を計画しています。その際には新型車両を投入すると発表しています。

 

今走っているE233系は、まだ車齢が若いので廃車はないでしょうけど、近いうちに何らかの変化が発生するでしょう。楽しみに見守りたいと思います。

 

 

おわりに

 

ゴールデンウィーク中の4月30日と5月6日、7日は行政からの要請によりJRをはじめとする各鉄道会社は列車本数の減便を行うことにしていました。

 

実際に減便を行ったところ、いつにも増して車内の混雑が激しくなったそうです。180%の乗車率になった路線もあったとか。

 

GW中なので特にテレワークや休暇取得を推奨するために行ったんでしょうけど、逆に密になってしまったようです。

 

混雑緩和のためJR東日本は明日5月7日は、通常の平日ダイヤで運転をすることに変更しました。

 

公共交通機関の密を回避したいのなら、企業の出社率を下げないと・・そちらへ働きかけるほうが先ではないかと思うのですが・・

 

明日は今日より増便する鉄道会社が多いでしょう。少しは混雑が緩和されるといいですね。 

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

鉄道模型42 京都市交通局10系電車が完成しました!

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

先日から走行化を進めていた、鉄道コレクション京都市交通局10系電車ですが、本日6両全車両の走行化が完了しました。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

 

京都市交通局10系電車 走行化完了!

 

ゴールデンウィーク中に完成できるかな?と、思っていましたができました。長期の休みのおかげです。

 

 

f:id:coedowalk:20210505154920j:plain

 

京都市交通局10系電車は6両編成での運転ですが、模型だと6両くらいの長さだとちょうど良いです。

 

スペースもあまりとらないですし、実際に運転してみると結構ボリューム感があります。

 

 

f:id:coedowalk:20210505154932j:plain

 

カント付きレールを走行。と、言いたいのですが実は線路を並べて車両を繋げて置いただけです。今日は走らせる時間がなく残念。

 

 

f:id:coedowalk:20210505154943j:plain

 

本日は写真の前から3両目と4両目の車両を走行化しました。走行化の手法は前回の記事の内容と同様です。

 

この2両は中間車で動力もパンタグラフもないので、一番シンプルに走行化ができました。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

 

ダミーカプラーを活用

 

今回の京都市交通局10系電車は製品にもともとついていた、ダミーカプラーを活用しました。

 

わたしは鉄道コレクション車両の先頭部には、TOMIXのTNカプラーを使うことが多いのですが、今回の車両の先頭部はダミーカプラーとしています。

 

ダミーにしたのはコストダウンの意味合いが大きいのですが、それ以外の理由としてカプラーのサイズ感が良いこと、京都市交通局10系の場合は先頭車同士の連結がないことが理由です。

 

活用するにあたっては下記の作業を行いました。

 

  • カプラーと胴受けの塗装
  • カプラーと胴受けを固定(ゴム系接着剤による)

 

上の二つの作業を行うとかなり良くなりますね。鉄道コレクションのダミーカプラーは、接着をしないでそのままだとかなりグラグラするのですが、接着をすることによりこれを解消できます。

 

また、接着しないときは上を向いたり、変な向きに付いてしまったりするんですが、接着剤で固定することによりまっすぐに取り付けることができます。

 

さらに塗装も行うとディテールがはっきりするので、これも好印象になります。

 

実際に塗装をして取り付けてみるとかなり良かったです。この車両はダミーカプラーにして成功でした。

 

 

おわりに

 

はやいもので今日で連休も終了です。今回は1日休暇を取れば7連休になった人も多かったと思います。

 

わたしも明日からは通常の生活に戻りますが、長い休暇だったので若干憂鬱ですね。

 

しかし、仕事をしないと生活ができないですからね。明日からまた頑張って行こうと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

 

 

広告

 

 

日記19 芝生のメンテナンス 刈込

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

本日は予定していた芝生のメンテナンスを行いました。生育期に入っていますので、結構葉が伸びてきていますね。刈込が必要なので本日実施します。

 

前回は4月4日に実施していますのでちょうど一か月ぶりです。

 

 

coedowalk.hatenablog.com

 

 

 

メンテナンスを実施

 

刈込

 

電動芝刈り機を使用して刈込を実施します。今回は以前より気持ち深め(前回より3cmほど深く)に刈込を行いました。

 

f:id:coedowalk:20210504173830j:plain

 

写真は刈込後の状態です。一か月前に比べると新しい葉が倍以上に増えています。青々としてきれいになってきました。

 

雑草の処理についてですが、今回は刈込の前に大きめの雑草は手で引き抜いています。これも先月除草剤を撒いているせいもあり、それほど手間も時間もかからずに終了しました。

 

きょうの刈込の際にも小さな雑草は残っていましたが、わずかな数だったこともあり芝刈り機で一緒に刈り取っています。

 

 

サッチの除去

 

f:id:coedowalk:20210504175232j:plain

 

今回はサッチの除去も行って見ました。4月の刈込をしたときは放置してしまったのでその時の分も含んでいます。

 

1㎡で大体写真の量が出てきました。想像したよりかは少なかったですが、芝生の端の部分はこの倍以上出てきます。

 

 

f:id:coedowalk:20210504180402j:plain

 

サッチの除去は上の写真の器具を利用しました。カインズホームで購入した「ミニアルミ柄ガーデンクリーナー」という商品です。

 

大きな熊手といった形で結構楽にサッチの回収ができました。なお、強くがりがりやりすぎると芝の根を傷めるので、ほどほどの力と回数にしたほうがよさそうです。

 

サッチ分解剤も入れているのでほんとに軽くで良いかと。

 

 

年間スケジュール

 

下記のようにスケジューリングしていますが、4月と5月の作業は予定通り終了です。

 

  • 4月 化学肥料散布(完了)
  • 5月 芝の刈込み(完了)
  • 6月 除草剤散布、芝の刈込み
  • 7月 化学肥料散布、芝の刈込み
  • 8月 除草剤散布、芝の刈込み
  • 9月 芝の刈込み
  • 10月 芝の刈込み

 

一か月前にメンテナンスを行っていますので、今日の作業はかなり楽でした。 ただこれから成長の度合いが強くなるでしょうから、来月はどうなるかですね。

 

今月よりは大変かな。なお、来月は除草剤の散布も行いますが、わたしが使っている除草剤が年に3回までしか使えないので、6月の中旬から下旬の作業を計画しています。

 

 

f:id:coedowalk:20210504181932j:plain

使う予定の除草剤

 

 

刈込については成長の度合いをみてタイミングを決めますが、除草剤散布と別日に行うかもしれません。

 

 

おわりに(日記)

 

今日はとても良い天気で庭の手入れをするのは絶好の一日でした。明日は雨になりそうなので今日作業ができて良かったと思います。ちょっと暑かったですけどね。

 

 

4都府県の緊急事態宣言の解除予定日が近づいていますが、解除は無理そうですね。大阪の吉村知事は「現状での解除は困難、連休明けに延長要請をするか判断すると発言しています。

 

東京、大阪といった大都市だけでなく地方都市でも感染者が大きく増加していますので、政府はしっかりリーダーシップをとって対応してほしいと思います。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!

鉄道模型41 地下鉄副都心線を走る車両 東京メトロ10000系、西武40000系

みなさん、こんばんわ!

Koedoです。

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

散財をしてしまいました・・・

 

昨日、たまりにたまったメールを整理していたら、よく行く模型店からのメールがきていました。スルーのつもりでいましたが、そこには「会員様に限り5% OFF」の文字が!

 

ここは通常はKATO製品だと27%OFFで車両を販売しています。そこから更に5%OFF、楽天カードで決済するからさらにカードポイントも。。

 

広告

 

 

先月、先々月とあまり買い物をしていませんからたまには良いか。これは行くしかありません!

 

急遽出陣します。行くお店は何度も行っている店舗でして、かなり広い店内なのでさほど混雑はしないはずです。マスクとアルコール消毒液を持参し車で出発しました(買う気満々!?)。

 

 

きょうの購入品

 

店内にはお客さんは結構いましたが、広いこともあり全然問題ありません。ゆっくりと商品を見ることができます。

 

やっぱりリアル店舗は楽しいです。買い物をする前提で来ているのでなおさら楽しい。

 

アルコール消毒液を持参しましたが、店舗にもしっかりと備え付けられています。安心です。

 

 

f:id:coedowalk:20210503175104j:plain

 

きょうの購入品は写真の3点と、撮影してはいませんが極細の配線コード2種を購入しました。

 

  • KATO 西武鉄道40000系 増結セットA
  • KATO 西武鉄道40000系 増結セットB
  • KATO 東京メトロ10000系 増結セットB
  • TORM 極細電線 白
  • TORM 極細電線 黒

 

5点でしめて13000円ちょっとでした。家族にはナイショです。

 

西武40000系と東京メトロ10000系は新商品ではありませんがずっとほしかったんですよ。

 

ガマンはしていたのですがもう限界・・・この2商品は生産数が多いのか入手しやすいんですよね。お店で結構見かけるのです。それも購入欲を抑えられなかった原因です。

 

副都心線関連ではKATOの東武鉄道50070型と、同じKATOの東急電鉄5050系4000番台は入手済なので、副都心線の4社の車両にお手付きです。

 

あとはみなとみらい線ですね。

 

 

西武鉄道 40000系

 

西武鉄道40000系は地下鉄直通の有料列車S-TRAINに使用することができるロング/クロスシート変換車両(L/Cカー)です。

 

平日は西武池袋線⇔地下鉄有楽町線、休日は西武池袋線⇔地下鉄副都心線方向にS-TRAINとして運行されます。

 

最近はオールロングシートの40050番台も登場し、地下鉄直通の運用についています。

 

 

f:id:coedowalk:20210503175117j:plain

 

 

西武鉄道40000系は増結セットAと増結セットBを購入しました。10両編成中6両が揃ったことになります。

 

増結セットAを購入すると10両編成を収納可能なブック型ケースがついてきますので整理がしやすいですね。ただ10両全部を買いたくなるという弊害があります。KATOの戦略か。。それにまんまと乗ってしまうわたしです。

 

 

f:id:coedowalk:20210503175129j:plain

 

増結セットBの内容です。車両は発泡スチロール収納でパッケージは紙製です。増結セットA必須 笑

 

 

f:id:coedowalk:20210503175152j:plain

 

全車揃っていないので1両のみ御開帳です。いやぁ、よく出来ていますね。実車のカラフルなドアの表現が素晴らしいです。巧みな印刷での表現がお見事。

 

ちなみに両開きドアの間のゴムの部分も印刷です。これは以前発売されたKATOの西武701系と同じ手法です。

 

シートはクロスシートの状態になっておりますので窓からよく見えます。これは室内から照明で照らしたい。室内灯が欲しくなります。

 

行き先表示は「S-TRAIN西武秩父」行きですので、まさに副都心線仕様です。基本セットには「S-TRAIN元町・中華街」行きが入っているようです。

 

パンタグラフ付き車両を今回は撮影しましたが、パンタ台の黄色が良いアクセントです。鉄道模型は上から見る機会が多いですから屋根にアクセントがあるといいです。

 

あとは基本セットを購入すればすべてそろいますが、基本セットは夏ごろに再生産されるようです。

 

 

広告

KATO Nゲージ 西武鉄道 40000系 基本 4両セット 10-1400 鉄道模型 電車

KATO Nゲージ 西武鉄道 40000系 基本 4両セット 10-1400 鉄道模型 電車

  • 発売日: 2017/06/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

東京メトロ 10000系

 

地下鉄有楽町線副都心線の主力車両10000系です。わたしの地元でもよく走っていますので、とてもなじみの深い車両です。

 

後継車の17000系もデビューしましたが、まだまだ主力として大車輪の活躍です。

 

こちらも人気車なので他社からも発売されておりまして、わたしもGREENMAX製の8両編成セットを所有しています。

 

GREENMAX製も良い出来ではありますが、KATOから発売されるとなるととても気になりますよね。KATOの安定した走行も考えるとなおさら気になっておりました。

 

 

f:id:coedowalk:20210503175140j:plain

 

今回購入したのは増結セットBです。よって10両編成中2両だけですね。鉄道模型は購入するタイミングを逃すと買えなくなるリスクがあります。最もリスキーな買い方をしました。

 

ちなみに今日のお店では基本セットも増結セットAも置いてありました。今日は予算の関係で購入できませんでしたが仕方ありません。残りは少しづつ購入して行きます。

 

 

f:id:coedowalk:20210503175203j:plain

 

こちらもパンタグラフ付き車両を撮影しました。KATO製はパンタグラフ間の渡り線が別パーツでした。これは良いアクセントですね。

 

 

広告

 

 

 

 

おわりに 

 

地下鉄の車両が充実してきました。地下へ入る車両なので室内灯が欲しくなってきます。

 

東武鉄道50070型にはKATOの純正を入れましたが、東急5050系4000番台にはまだ入れていません。

 

今回購入した西武鉄道東京メトロにも合わせて入れたくなります。東急と合わせると30両分か。。6個セット5箱ですね。

 

すぐには難しそうですがいずれやろう・・・

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

それでは、また!